“最高級メロン436番”の静岡クラウンメロンの美味しさの理由とは?

7月29日 日本テレビ沸騰ワード10は、”最高級メロン436番”の静岡クラウンメロンを特集!

436番と番号で呼ばれるワケ、静岡クラウンメロンの美味しさの理由や選び方をまとめてみた。

スポンサーリンク

436番の意味

436番というのは、メロンの生産者番号のこと。

この場合は生産者番号436の中條文義さんが作ったメロンという意味。

静岡クラウンメロンには生産者を明らかにするために、メロンの一つ一つに生産者番号付きのシールが貼られている。

ちなみに374番は三浦裕喜さんのメロン。

静岡クラウンメロン

静岡クラウンメロンは静岡県袋井市を中心に生産されるマスクメロンのブランド名。

また独自に改良を重ね冬も栽培可能なので、季節を問わず一年中味わうことが出来る。

高級ホテルやレストランのデザートにも選ばれており、最高級メロンとして有名。

お中元、誕生日、記念日などにいつもより贅沢なプレゼントを送りたい人におすすめの一品。

美味しさの理由

他の産地では1本のメロンの木から複数個のメロンを収穫するが、クラウンメロンは1本のメロンの木から1個だけしか収穫しない。

一つの実にすべての養分が集まることで抜群の美味しさを生む。

また地面に直接木を植えるのではなく、隔離ベット栽培による水分調節をしている。

水やりがもっとも重要なのメロン栽培では、地面に木を直接植えると理想の甘さには育たない。

メロンの等級

静岡クラウンメロンは外観や糖度で「富士・山・白・雪」の4つの等級に分かれている。

  • 富士 最高品質、1000個に1個
  • 山 外観、内容ともに良質
  • 白 標準、全体の6割
  • 雪 やや難あり、主に加工用

用途に合わせて等級を考えて買えば、メロン選びに失敗することはない。

静岡クラウンメロンを目で見て直接買いたい人はコチラの販売店をご覧ください。

暑い夏に英気を養うために、是非あなたも静岡クラウンメロンを食べてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA