“世界一怖いもの知らず”の動物「ラーテル」ってどんな動物?

8月1日(月)世界まる見え!に登場する“世界で一番怖いもの知らず”の動物「ラーテル」をご紹介!

スポンサーリンク

ラーテル最強説

ラーテルはアフリカ大陸のサバンナに生息するイタチ科の哺乳類動物。

ライオンやコブラも恐れず、何でも食べようとする貪欲さから“世界一怖い物知らずの動物”としてギネスブックに登録されている。

背中の白い体毛の下の皮膚はとても丈夫で、ライオンの牙や爪も耐えることができる。

また蛇類の毒に強い耐性があり、毒蛇に咬まれてもしばらくすると回復する。

ラーテル最強説は、その獰猛性と防御力によって生まれた。

ラーテル最強動画

主な食事はヘビ類で、別名「ミツアナグマ」と呼ばれるほどはちみつが大好物。

そのため大蛇だろうと蜂の巣だろうとお構い無く突っ込んでいき攻撃する。

ラーテル動画 by youtube(2:12)

まさに怖いもの知らず。

また自分より強い動物にも負けない。

ラーテル動画2 by youtube(2:47)

天敵のはずの6頭のライオンに囲まれても、ただ逃げるのではなく反撃をしたうえでライオンに追うのを諦めさせる。

絶対に生き残るという意味では、ラーテルは本当に最強の動物といえるかもしれない。

NHKキャラにラーテル?

NHK教育テレビ(Eテレ)の「おかあさんといっしょ」で放送されている「ポコポッテイト」にラーテルをモデルにしたキャラクターが登場する。

「ムテ吉」は自分のことを無敵と思っているという設定も、ラーテルの生態が由来になっている。

日本で見るには?

ラーテルは愛知県名古屋市の東山動植物園でしか見ることができない。

動物園なら野生の動画と違った可愛い一面を見れる。

日本ではあまり知られていないが、広い世界にはまだまだ見たことないもない動物がたくさんいる。

夏休みを利用して色んな動物を調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA