夏の意外な穴場イベント「ものづくり・匠の技の祭典2016」が面白そうな件

2016年8月10日(水)~12日(金)に東京国際フォーラムで開催される「ものづくり・匠の技の祭典2016」が堅いタイトルに反して意外に面白そうな件についてまとめてみた。

スポンサーリンク

ものづくり・匠の技の祭典2016

概要:日本を支えてきた伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信。衣・食・建・暮・工のさまざまな分野の優れた技を、観るだけでなく、自ら体験するなど、東京を訪れる海外の方も含めて、誰もが楽しむことができるイベント。

日時:2016年8月10日(水)~12日(金) 10時~17時

場所:東京国際フォーラム ホールE、ロビーギャラリー

続いて100団体以上が参加する匠の一部をご紹介!

九谷焼

石川県の伝統工芸品である九谷焼が円谷プロのウルトラマンシリーズとコラボ!

ウルトラマンや怪獣が磁器に変身!

屏風作り

自分でミニ屏風作り!

ここでしか出来ない体験。

モザイクアート

メロンの模様がモザイクっぽいということで、メロンモザイクと呼ぶらしい。

自分でこんなタイルクラフトが作れたら素敵!

漆器

綺麗な漆塗りではなく、漆だけで形成されている器。

こうして日本の伝統的な技術も進化を遂げており、私たちの知らない素晴らしい日本文化はまだまだたくさんある。

挾土秀平さんのパフォーマンス、茶室の展示、きものファッションショー、下町ボブスレーの展示、金属コマ対決、和紙の手漉き、野菜の飾り切りなど、やってみたら絶対に楽しい展示や体験が盛り沢山!

東京国際フォーラムに行けない人のために、youtubeでは当日のパフォーマンスを放送予定。

人とはひと味違った夏の思い出を作りたい人は、是非ものづくり・匠の技の祭典2016に足を運んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA