古民家ホテル「篠山城下町ホテル NIPPONIA」が美しすぎる件

2016年8月16日(火)テレビ東京ガイアの夜明けで特集される、古民家ホテル「篠山城下町ホテル NIPPONIA」が美しすぎるのでご紹介!

スポンサーリンク

NIPPONIAとは

NIPPONIAとは、各地に残されている古民家を店舗としてリノベーションを行い、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生していく取組み。

ネーミングは日本を象徴する鳥であるトキの学名「ニッポニア・ニッポン」から名付けられた。

トキと同じように、日本の歴史的な古民家や町並みも大切に守り育てなければ消えてしまう。

大切に未来へとつなげたいという願いが込められた名前。

ロゴマークのデザインは、デザイナー喜多俊之さんが担当。格子戸や障子イメージした、古民家らしいシンプルなロゴ。

#NIPPONIAここにあり #古民家再生 #篠山 #おしゃれ

フルカウントさんさん(@fullcount.style)が投稿した写真 –

篠山城下町ホテル

兵庫県篠山市北新町に位置する、約400年の歴史を持つ篠山城の城下町全体を「ひとつのホテル」と見立てたホテル事業。

江戸時代から明治時代に建てられた空き家4棟を改修し、11室の古民家ホテル、飲食店などとして再生した。

4棟それぞれにONAE(オナエ)、SAWASIRO(サワシロ)、NOZI(ノジ)、SION(シオン)と、毎年秋に「篠山市菊花展」を行う篠山と関わり深い菊の名前が付けれられている。

また同じ兵庫県には、 NIPPONIAグループのホテル「竹田城城下町ホテル EN」、「オーベルジュ豊岡1925」などがある。

スポンサーリンク

ホテルの様子


外観は歴史ある美しい古民家。

#nipponia

Anna Abeさん(@annabana55555)が投稿した写真 –

内装も完璧なほど古民家!

和風でとても過ごしやすそう。

Shu Ishiiさん(@shu_ishii)が投稿した写真

但馬牛、丹波栗、丹波松茸といった地元の特産品をたっぷり使った料理は絶品。

ホテルはたった11室しかないので、ご予約情報はホームページを御覧ください。

日本の文化と歴史を肌で感じる旅行をしたい人にとって最高にオススメなので、是非旅行先の候補にご検討ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA