ラスベガスの地下住人のクレイジーな現実を直視できない件

2016年9月22日 TBS クレイジージャーニーに登場する、丸山ゴンザレスが実態に迫ったラスベガスの「地下住人」のクレイジーな現実が直視できない件!

スポンサーリンク

ラスベガスといえば砂漠の街にそびえ立つカジノの街。

しかしこの華やかな眠らない街には、地下住人と呼ばれるホームレスが約1000人いると言われている。

彼らはカジノの客が残していったコインや忘れ物を集め、それを換金しながら生計を立てている。

地下のトンネルで生活している人々はモグラ人間(Mole=モグラ People=人々)とも呼ばれている。

ラスベガスの地上の光ばかりに目が行くが、その地下には私たちが知ることのない闇があった。

地下に暮らす人々は様々な問題や理由を抱えた人ばかり。

この現実を直視するのはとても辛い。

クレイジージャーニーを見るたびに、世界はまだまだ広く、まだまだ深いんだなと驚かされる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA